iPhoneはどのようにしてスマートフォンの王者になったのか

iPhoneの歴史

すっかり日本に定着したiPhone。もはや「スマートフォン=iPhone」という人もいるくらいで、他機種のスマートフォンを使っている人が機能で分からないことがあっても「自分はiPhoneだから分からない」という会話をした人も多いのではないでしょうか。それだけシェアを広げたiPhoneですが、ここまでシェア率が高くなるまでにはどのような歴史があったのでしょうか。

初代iPhoneは、アメリカのみで発売されています。Apple社が送り出す全く新しい通信端末ということで、発売当初から大きな反響で持って出迎えられています。通話だけではなく、音楽機能に特化しているということが売りで、このような遊び心はその後の機種にも受け継がれることになります。

日本で販売されたのは3Gからで、こちらではAppStoreなどのインフラも整備されていたこともあり、発売と同時に大ヒットとなります。続く3GSでは、動画撮影や音声コントロールといった、現在のiPhoneの代表的な機能も搭載されており、基礎が出来上がった状態となります。

iPhone4では外見の変更やOS名称の変更などが起こり、その後の4GSの登場では、カメラ機能が向上しデジカメ品質となる、クラウドサービスが立ち上がるなどのトピックが挙げられます。しかし、創業者のジョブスの死をきっかけに、iPhoneは3.5インチの画面を捨て去ります。このような変化は賛否両論がありましたが、現在までのiPhoneの流れを見ていると、革新を続けるための起爆剤であったとも言えるかと思います。つまり、iPhoneを紡ぐ歴史とは、変化を恐れない開拓者の歴史とも言えるのです。その歴史を共に追っていきましょう。


≪iPhoneにまつわるお役立ち情報≫
iPhoneは日本国内でトップシェアを誇っており、iPhone専門の修理店も多いです。バッテリー交換をすることでさらに長く使えるので、詳しくはこちらのサイトをチェックしてみてください ≫ iPhone バッテリー 交換