iPhoneはどのようにしてスマートフォンの王者になったのか

iPhone3GSの登場

iPhone3Gの後継機として発売されたのがiPhone3GSです。こちらはiPhone3Gの発表日から一年後の2009年6月9日に発表されました。新しいものが好きなガジェット好きはもちろんのこと、その熱狂は一般層にも届くほどだったので、こちらの発表と同時に3GSも期待感を市場に与えるものだったと言われています。

そして、その期待感を上回る性能を持って3GSは登場します。処理性能は最大2倍も高速化し、バッテリーの持ちも良くなりました。また、そのことによって機能も拡張され、現在では当たり前になっている動画撮影機能や音声コントロールなども追加されています。専門家の間では、この時点でiPhoneは完成されていたという意見もあるくらいです。

日本に初上陸したiPhone3Gの性能をさらに拡張し、現在のiPhoneの礎を作ったiPhone3GS。この2つの機種が大成功したことにより、iPhoneは日本の携帯市場をひっくり返すような快進撃を始めます。このような流れは一部のマニア層だけでなく、広くお茶の間にまで浸透し始め、SNSの台頭など若者の間ではその性能を活かした娯楽や文化も生まれ始めました。