iPhoneはどのようにしてスマートフォンの王者になったのか

創業者の死

2011年10月5日に発表され、同年の10月14日に発売されたiPhone4sを語る上で外せないのが、創業者であるスティーブ・ジョブズ氏の死去です。iPhoneはスティーブ・ジョブス氏の精神である「革新」が詰まったアイテムであるため、その衝撃は、このiPhone4sを持ってして、本来の意味でのiPhoneは終幕を告げたというファンもいるほどです。

iPhone4sの性能は、CPUに当時最新のApple5チップを搭載しているため、なんとグラフィック性能がiPhone4の7倍もの向上を見せています。さらに静止画撮影では800万画素の美麗な画質を実現し、動画撮影においてもフルHD撮影が可能となりました。このことにより、iPhoneはデジカメ並の品質を得たのです。また、クラウドサービス「iCloud」も誕生し、そのデータの保存方法においても新たな選択肢を生み出しました。

スティーブ・ジョブス氏の死去を送り出すかのように発売されたiPhone4sは、未だにファンの間では名機と呼ばれるほどに性能が高いアイテムでした。そして、iPhoneさえ持っていればデジカメは要らないとまで言われることがあるほどに画質が向上したのもここからです。SNS文化とともに、iPhoneはますます愛されていきます。